グラプトベリア・肉厚パープルデライト

2016年1月15日

どうもー、グラプト星人でーす。
嘘でーす。実は人間でしたー(何このひと

旧ブログでは昨年の春、セデベリア・ジェットビズ&グラプトベリア・パープルデライトで紹介しているグラプトベリア。

その後、ちょいヘマしまして薬剤散布により葉っぱの粉が。粉がー!
何を思ったか、ムシさん避けの薬剤をこの手のやつにもぶっしゅーべったりーって吹きかけちゃったのですよね。確かにムシは付きませんが、鑑賞価値ゼロ…何年やってるんですかアホですか私は…。

粉物はけっこう気をつかいますね! ほんと!

Graptoveria ‘Purple Delight’
グラプトベリア・パープルデライト

というわけで外側の葉っぱがちょっと寂しいことになっておりますが、内側から盛り返してきて現在ふっくらとしたお顔のデライトさん。花芽もあるでよ。

Graptoveria 'Purple Delight' グラプトベリア・パープルデライト

ちなみに下の写真は一ヶ月前に携帯で撮っていたものですが、花芽伸びるの…

Graptoveria 'Purple Delight' グラプトベリア・パープルデライト

おっそー。

グラプトのこの生長点の質感が私、たまらなく好きなんです。朧月なんて、ありふれた多肉植物ではありますが、新芽が驚くほど砂糖細工で美しいですよね。

Graptoveria 'Purple Delight' グラプトベリア・パープルデライト

グラパラリーフみたいにやはり、食べたらちょっと酸味のあるお味なんでしょうか。いつか食糧危機が来たら朧月と和えて一番に食べてみたいと思います。二番はオブツーサ系をプチプチっともいで軍艦にして食べてみたいと思います。(なにこのエントリ)

※高解像度の写真はSucculents – a set on Flickrにアップしています。