Haworthia ヒトデ型

肥えるマクマ大使の8年後

ダジャレか!

それに肥えてない。これから肥える。ちょっと盛ってみた。

8年前に来てから、すごく目をかけられるということもなく棚の中でゆっくりじっくりそれはもうゆっくりゆっくり…遅い…ゆっくりと生長を続けていた生き物。

Haworthia koelmaniorum var. mcmurtryi
コエルマニオラム変種マクマトリー

南ア原産、koelmaniorumよりも小型で条理がくっきりしている種。

マクマトリー Haworthia koelmaniorum var. mcmurtryi

まだロゼットにすらなっていなかった若かりし頃の大使。

の、8年後ジャストナウ。

マクマトリー Haworthia koelmaniorum var. mcmurtryi

よれよれのヒトデになりました。お友達も増えて。(馬)

マクマトリー Haworthia koelmaniorum var. mcmurtryi

変に画像補正しているわけでもなくこんな色なのです。

下も、やたら明るい色の焼赤玉、水くれで黄色になった鹿沼というだけで、彩度はむしろ落としている有様。水くれ少ないわ陽に当たるわ、おいしく焼き上がりました。(褒められたことではない)

いや、赤いのはいいんです。赤いまま膨らませたい。

マクマトリー Haworthia koelmaniorum var. mcmurtryi

条理以外がすべてグロツブ。(あ、この単語すごく久しぶり)

ツブいって形容詞を作りたくなるくらいツブい、グロい、最高。

真上から見ると赤い竜鱗みたいです。写真ではわかりにくいと思いますが、ちゃんと窓も透き通っているんですよ。

ただちょっと痩せ過ぎ。昔から竜鱗やコエル系は太らすのが下手くそで、まるで成長していない…とどこぞのバスケの監督さんに言われるレベルです。とりあえず今植え替えシーズン真っ最中なので、用土を変えて手入れで様子を見ようと思います。

春季(まだ春だ、春である)植え替えの目標は、ヒトデ・草・硬葉部門の全ハオ鉢制覇! 何鉢あるかは考えない!

植え替えや鉢増しを先延ばしにしてきた株がけっこうあり、放置が過ぎた株には珍しく虫被害が出ていたため気合を入れることにしました。日頃の管理もずさんだったことは否めない。ちょっと慣れたつもりでいい気になってるんじゃないの? と反省しきりです。

がんばる、ぞ…本気を見せろ緑屋…おぅ…

※高解像度の写真はFlickrにアップしています。どうぞよしなに。

Author info

緑町のウェブ屋

特技は放置園芸。愛車と餃子をこよなく愛する心優しきウェブ屋ベランダー。好きな言葉は「原種」。

Facebookページでどうでもない情報発信中。緑のInstagramも地味に更新中。Check It!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA