ハオルチア・バディアE

2015年8月10日

油断していると、ずっとタマタマ言ってそうなのが困っちゃうんだな。ということでハオルチアの品ぞろえも少しずつ充実していかねば作戦がスタートしました。今日はバディア英字シリーズの「E」です。

Eバデさんが家に来たのは昨年の9月。鶴仙園さんのフェアでバディアバディアバディアー!って購入したうちの一つです。

ハオルチア・バディアE

ちんまり。
…ああそうか、そういえば「特ダルマ艶窓」なんていうミドルネームが付いていたんだったね君は。(ミドルネーム?

時は流れて数日前。あーうん生長早いねーなんて思うのはちょっとピントがずれてきてるんでしょうか、私。途中草姿が崩れてしまいましたが(今年4月の様子)、なんとか持ち直してきたところ。

ハオルチア・バディアE

ブツブツは抑えめですが、幅広葉が特徴のバディア。失敗の名残はまだまだありますが、良い葉が揃ってきました。

ハオルチア・バディアE

わざとらしく水滴…があったのはたまたまですが崩れちゃっててイマイチだな。

ハオルチア・バディアE

うん。もたない間を一枚目と似たような写真でごまかすというね。

んーっと。
本文なさすぎて落ち着かないので環境でも書いておきますね。

このバディアは、他のバディアと違い遮光下(の最前線)にいます。日照は今の時期だと、日の出から5時間当たる…当たらないかな…。もっと取れればいいんでしょうが、東南ベランダではこれが限界です。

水くれは同じく超シビア。というかうちのハオは一部を覗いてシビア。一回植え替えをしてるのかな。保水性と排水性を鑑みて山野草専用土+軽石、みたいな感じの用土で生活してます。

※高解像度の写真はHaworthias – a set on Flickrにアップしています。