イベント ラン

世界らん展日本大賞2013撮ってきました

最近はらん展真っ盛りですが、皆さん行かれましたー?

あ、行かれてませんかそうですか。そうですねー自分もらん展へ行くようになったのは昨年ですしね。他の方のように全く詳しくはないですし、セッコクとかデンドロをほんの少しやる程度のライトランナーです。(もしかしてうまいこと言ったか?)

そんなこんなで、最近カメラ熱が復活してきた緑屋。ホコリをかぶっていたD40用にレンズを購入したので、練習がてら写しに行こうーとなったわけなのでございます。

GR DIGITALも持って行きましたが、基本単焦点一本で撮ったので、今までのようなブースのスナップ写真ではなく花そのものの写真が多くなりました。あとからブース全景も撮ろうと思っていたんですけど、時間が少なくて断念。恒例の物販ブース写真も一枚も撮ってないや。

では一気に10枚ごらんくださいませー。
展示の札は一切撮っていないので花の名前はわかりません! わっはは

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013

世界らん展日本大賞2013 松島セッコク

最後の一枚は松島セッコクと言いまして、こちらを物販ブースでも購入して帰りました。日本原産で小型のセッコクです。

そしておなじみ沖縄の美ら海水族館展示。今年はすこし目立たない場所にありましたが、くらげがゆらゆらしている姿に癒されました。

世界らん展日本大賞2013

と書いておきながらクラゲの写真じゃありませんけど。(そもそも水族館のように暗くないので、水槽にライトなどが写りこんじゃって綺麗には撮れません)

自分の落ち度で到着が遅かったので時間に追われていましたが、平日の午後遅くは空いていていいですね。通路もゆったりで、芋洗い状態にはならずにすみました。

最後は、約束していたフォロワーさんと時間も忘れてだべりまくり、気がついたら真っ暗になっていたので…

世界らん展日本大賞2013

ゆっくり夜景を堪能しながら一服して帰りましたとさ。

らん展撮影時に気をつけたこと、レンズ選びなど

ところで、人の多いこのような展示会では思ったように撮れないことが多いです。撮影しようとしてみてわかるドーム展示ならではの事柄もありました。気を遣った点や気がついた点を書きだしてみました。

  • カメラで撮るのがメインではないこと。デジカメやスマホの普及で、綺麗な花はまず撮影ありきみたいな感じになっちゃうけど、あくまでも花を実際愛でる機会だということを忘れないこと。また、そういう方の邪魔をしないこと。
  • 花の前が混み合っている場合は、前に行けるまで待つこと。当たり前ですね。
  • ブース全体の写真が撮りたいとき、前におばちゃんたちが陣取って記念撮影に時間がかかっていてもゆるゆる待つこと。あとで撮ろう、と一周回って帰ってきたら違うおばちゃんたちが記念撮影していてもゆるゆる待つこと。
  • 位置につけたらさっさと撮ること。ズームして、戻して、うーんあかんもう一回…あらやだフラッシュ炊いちゃったわもう一回…あれー…なんて液晶とにらめっくらしていたら、人気の花の場合は後ろから殺気が。
  • 撮ったら迅速華麗に退散すること。あとでモニターで見てみて失敗していたらまた戻って撮ればいいわけだし。
  • すべての展示が、写真を撮るのに最適なライティングではないこと。ブース内のライトもしくは、天井からのライトがちょうど当たっていたりすればいいんですが、そうとは限らない場合も。
  • 好きなカメラ好きなレンズでやればいいと思いますけど、見た感じでは本気望遠つけてる人は少なかったです。全体的に見るとスマホとコンデジが八割って感じでした。
  • 単焦点、35mm一本で間に合うのか不安でしたが、花を撮るにはちょうどよかったです。ズームの必要な、例えば高いところにある大賞花ははなから撮らないという選択肢。見上げる形になるから、どーせ最適なアングルでは写せないし。
  • ただしブース全景を撮ろうとすると、少し引いて撮るにしても混雑時は人が入ってしまったり通行の邪魔になったりして難しい。より広角なレンズのほうがよいですね。(荷物になるのでキットレンズすら持って行かなかった)
  • とにかく歩きまわるし、最後にお買い物をすることも考えるとレンズを何本も持つのはきついです。ズームか、せいぜい二本。都度付け替えるのも面倒になってきますし。前調べしたところでは、24-70mm、50mmあたりが多かったかな。
  • ずっと左手にストラップを巻きつけて持ち歩いていましたが、重さという意味ではD40、本当に軽くてよかった(笑) こんなんでカメラ買い替えなんていうとき、れんずこみで700gこえるがんれふなんてもてるんでせうか……

今回の写真は、すべて世界らん展日本大賞2013 – a set on Flickrにアップしました。70枚弱です。実際は200枚以上撮ってるんですが、最近ほとんど使っていなかった一眼ってことでボツ多すぎました(笑)

最後の方で数枚、小・中・高等学校の展示もぺたっと撮ってきたので参考までに。あーあ、そんな年からちゃんと植物を好きで勉強していればなー…という思いを込めて。

久々に他の方のらん展記事を…

前はトラバぬっ飛ばし!などとやっていたんですが、そういやこのWordPressトラバ付けてない…ってことでリンクだけね。私とは全然違う目線で書かれていたり、ちゃんと花の名前が書かれていたりで参考になるし興味深いです。

Author info

緑町のウェブ屋

特技は放置園芸。愛車と餃子をこよなく愛する心優しきウェブ屋ベランダー。好きな言葉は「原種」。

Facebookページでどうでもない情報発信中。緑のInstagramも地味に更新中。Check It!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA