神代植物公園「秋のバラフェスタ」…の一日前に行ってきました

2015年7月6日

神代の多肉展示を何回かスルーして、そんなしているうちに大温室が改装に入ってしまって足が遠のいていた神代植物公園。気候も良いのと、レンズの練習をしたいのとで久しぶりに行ってきました。バラフェスタの一日前なんて、ほぼバラフェスタみたいなものですから!

D40にNikkorのDレンズはオートフォーカスが使えないんです。ベランダで写している分にはよいけれど、お外でぱっぱと撮れるのかなーという慣れの意味もあって。

神代植物公園 2014秋

平日なので人出はそこそこ。花の前で待つこともなく、本気レンズを持っている人が少々いるくらいでのほほんな雰囲気。休日のバラフェスタは本気レンズ(って何)のカメラマンに加えてコンデジ・スマホ・ケータイのライトユーザーも参戦しますからね。戦場ですよ。

神代植物公園 2014秋

欲しいアングルは撮り放題でした。あとは腕の問題です…。精進します。

神代植物公園 2014秋

すでにくたびれている花も少なからずあったけれど、園全体で咲きそろうのは会期の中頃くらいではなかろうか。あ、この色好き。

神代植物公園 2014秋

神代植物公園 2014秋

そんな神代バラフェスタは本日11日の土曜日から26日の日曜日まで。
神代植物公園 「秋のバラフェスタ」|公園へ行こう!

土日にはいろいろな催しも行われますので、ぜひみなさんお出かけください。


だがしかしもうひとつの見頃、ダリア園を回るのをすっかり忘れていたわけです。というのもバラ園で太陽にさらされながら立ったり座ったり、汗もだらだら…と体力をそこそこ消耗してしまったからなんですねー。やーね年だわ。なのでこれは宿根草ゾーンのダリア。

花が大きくて被写体にも愛でるにも最適だと思うので、皆さんはぜひお立ち寄りください。

神代植物公園 2014秋

同じく宿根草ゾーンの秋明菊。白とピンクの見事な花を咲かせていましたよ。

神代植物公園 2014秋

結局、思った露出にならないのでMFに加えてM露出を多用することになったわけですが、まだまだですね。それに気を取られて構図まで気が行かないの。マニュアル車でシフト操作を無意識にやっているのと同様、こちらも息をするようにできるようになりたいです。

さて神代といえば広場のパンパスグラス。ふわふわふわふわいろいろ飛んできていました。

神代植物公園 2014秋

秋だねぃ。さわさわ。さわさわ。

神代植物公園 2014秋

ちなみにですね、神代では月曜日まで山草展が開催されています。
東京山草会 展示会案内

神代植物公園 2014秋

神代植物公園 2014秋

神代植物公園 2014秋

フウロ草いいよね。さいくらめんもいいよね。大好き。

このほか、植物会館では盆栽展をやっているのかな? 新緑の季節というわけでないので園内のお花は控えめですが、見どころは十分。改めましてどうぞみなさま…と締めたいところですが、くれぐれも台風情報はチェックされますよう。日曜日までは影響がないようですけれども。バラやダリア、大丈夫ですかね…。


このあと植物多様性センターへも立ち寄ったのですが、写真を撮っていたら「ヒマラヤの青いケシを毎年現地へ撮りに行っていた」というおばあさまに話しかけられました。しばらく立ち話をしていたのですが、こうおっしゃいましたよ。

「花を撮るときはね、こう、光が差し込んでくるでしょ。そうしたら、花が『撮って欲しい』と言ってくれる瞬間をじっと待つのよ」

含蓄あるお言葉、ありがとうございました。

※高解像度の写真は神代植物公園 2014秋 – a set on Flickrにアップしています。