大文字草、咲きます。

好きなのになかなか環境をうまく作ってあげられなくてダメにすることの多い山野草。唯一残った一匹、通称ぴったんの花が咲きます。

花芽がついてるなーと思ったのが数日前。たぶんこれは緑っぽい花弁のやつかな?

山野草を鉢で飼うのは、コツをつかんでしまえばおそらくそんなに難しいことではなくてー。まず山で春夏秋冬どのような環境の変化があるかを想像することが大事なんですけどもね、どうもね。

けれど明確なのは至極簡単なこと。うちでは乾かしちゃだめなんです。湿地や森林では地面、基本的に湿っていますしね。こまめに面倒がみられないので、小さい盆栽鉢にちんまり…などという美しい育て方はすぐに水切れさせてしまいます。乾きやすいベランダでは特に。

もう一度リベンジしてみるか…

一方こちらはその脇にいる、全滅をまぬがれたムラリスです…なかなか元気そうなので一安心。ビバベランダ多肉保険。

高解像度の写真はplants – a set on FlickrSucculents – a set on Flickrにアップしています。