そろそろ今季は外納めーのカゴチランジア

気まぐれにいきなり冷え込まなければ、うちではまだいけたんですけどねー。まぁでも葉が傷んでしまうし、…あ、忘れてた。母にも室内に入れるよう伝えなくては。

ヘゴ固定しようしようと思っているうちにズルズルと後伸ばしになって、カゴ住まいが定着しちゃったんですけど、持ち運びしやすいからこれでいいかなあと…

右手前のカゴから垂れ下がる葦サボテン。外置きでも問題ないところを、同じカゴのよしみで取り込まれるのが冬の常。そのお陰で外置きのそれよりもはやく開花が見られるのは、いいっちゃいいけども。

きちんと場所をとってチラ壁など作れたらよいんですが、他の植物置き場との兼ね合いもあって現状では難しい。物干しやベランダの柵を使う手は残っているけど、布団や洗濯物が干しづらくなっちゃう。

ベランダーたるもの、生活を犠牲にして園芸するのは信念(人間第一)に反します。腹八分とよくいうけれど、私はここに「ベランダ五分」を推奨したい。整理整頓しよ。

※高解像度の写真はTillandsia's – a set on Flickrにアップしています。