久しぶりに草ハオ、Haworthia bathylis

長かった連休も今日でおしまい…
と考えると憂鬱なので「今日は日曜日だ、これは普通の週末の休みだ」と自分を騙しているのですが、効果があるような無いような。

予報では夜も寒さが和らいでいるようなので、久しぶりにハオルチアにも水くれを。久々に棚の中を覗いてみると、まあ予想に違わず普通に生きているもんだなという感じなのでよしとします。徒長してるやつは春からがんばろう。

さて今日は水くれ後の草ハオをぺたぺた貼って記事にしようと思ったんですけど、そういえばこいつは個別で記事にしたことがなかったと。ネタをもたせる気だこいつ、と。

昨年三月の鶴仙園さんフェアで持ってきたこちら。

Haworthia bathylis

ログを調べてみたら、この日もやはりグラプトやらセデベリアやらベンケイソウ科多肉ばかり買っていたらしいです。そもそも2012年はロクにハオルチア買ってない。

今年も今年で、ハオよりは他の植物に目が行くんだろうなー…とここまで下書きしてた矢先にスイッチが入り草ハオをズババとポチったアホがこちらになります。今年もよろしくお願いします。

Haworthia bathylis バシリス/バチリス

季節は流れて現在。発音からすると、日本語で書き換えるなら「バシリス」のほうが近いのかもしれませんが、なんとなくバチリスって呼びたいお年頃。まあどっちゃでもいいです問題ない。feat. 艶カタバミ。

Haworthia bathylis ハオルチア・バシリス/バチリス

feat. 艶カタバミ…

Haworthia bathylis ハオルチア・バシリス/バチリス

画質悪くて申し訳ない。前述したように、今日は適当にあいほんで撮って更新ーって思ってただけなんで。

※撮影後はスタッフが艶カタバミを荒々しく引っこ抜きました。

ちいこいハオルチアの鉢の水くれについて

みなさんは2.5号鉢や3号鉢くらいの小さい鉢がこまごまある場合、水くれってどんな感じでやってるんでしょうかね。

自分は今まで鉢ひとつひとつにジョウロで流し込んでいてかなり時間がかかっていたのですがー(かなり前にシャワシャワの口を無くしちゃったんで致し方なく)(生長点保護とか考えてたわけではまったくないですそもそも上からジャバってかけてたし)(言い訳長い)(カッコ多い)(まだ続くのか)(もういいんじゃないか内容ないし)

最近シャワシャワのくちが付いているジョウロを導入してから、水くれが乱雑で非常に楽になりました。ピンポイントの水くれには口を外さないといけないけれど、やっぱりシャワシャワジョウロ最高ですね。

終わり。

※高解像度の写真はHaworthias – a set on Flickrにアップしています。