『趣味のウサギ園芸 2013年7月号』野うさぎの花

2015年7月22日

なお下書き時点の仮タイトルは『カランコエはいらんかえぴょんぴょん野うさぎの花』でした。もうちょっと頭使おうと思って過去の自分からパクりました。年々頭使わなくなっているような、はて。

ブログの登場は久しぶりのウサギ多肉、Kalanchoe tomentosa。tomentosa系は数年前までにいくつか買って、そのあと増えても減ってもいませんが、まあおります。

他ではどうか知りませんが、放置しておけば暑さにも弱くなく冬にも強く、乾きにも強く、そのくせ増殖率は100%。少なくなる要素がないのですね…

そんな中の一つ「野うさぎ」。たぶん野うさぎ。自分の過去ログによると野うさぎ。(不定期刊『趣味のウサギ園芸 2011年4月号』

Kalanchoe tomentosa cv. カランコエ・野うさぎ

が、咲きました。

Kalanchoe tomentosa cv. カランコエ・野うさぎ

地味ー。ただひたすら地味ー。あれー月兎耳みたいに白いヒラヒラじゃなくて本当にこれだけ? 開かないの? 開きそうだけど開かないね?

Kalanchoe tomentosa cv. カランコエ・野うさぎ

せっかくですから内部でも…。うん、花粉だね。

話が広がらないな、困った。とりあえず旧ブログで昔に書いてた月兎耳記事を久しぶりに読みましたけど、何をしたり顔で書いてたんだかボク恥ずかしい。

そっ閉じ。

※高解像度の写真はSucculents – a set on Flickrにアップしています。どうぞよしなに。