粉と質感が魅力のグラプトベリア・トップシーデビー

トップシーデビーだか、タビーだか、しーつるびーだかなんなんだか、カタカナ名前的にごっちゃになっている印象の多肉。私もこいつの名前…つって、タビーとデビーがごっちゃになります。が。

X Graptoveria ‘Topsy-Debbi’
グラプトベリア・トップシーデビー

デビーの名前で出ています、お見知り置きください。トップシー・デビーです。デビー(X Graptoveria ’Debbi’)の芽変わりで、葉っぱがふにゃってへこんでるやつ。

あれ、でも、

Parentage : Echeveria runyonii 'Topsy Turvy' x xGraptoveria 'Debbi'.(Topsy Debbi  邱比特 | International Crassulaceae Network

って書いてある。だから‘Topsy-Debbi’?

下記は四年前に某サンコさんで購入したときの写真。

X Graptoveria 'Topsy-Debbi' グラプトベリア・トップシーデビー

ちなみにトップシータービー(Echeveria runyonii ‘Topsy Turvy’)のほうは、トップスプレンダーという名称でも出回っているもの。つるびーは、Turvyをラテン語「風」に読んじゃっただけ。葉先が内側にくるんとカールしているアレですね。

※‘Topsy Turvy’は英語にまんまtopsy-turvyという単語があり、混乱とか、めちゃくちゃとか、さかさまとかいう意味

ま、そんなことはさておきafterです。

X Graptoveria 'Topsy-Debbi' グラプトベリア・トップシーデビー

植えているのは山野草用の鉢。紫の多肉にはこんな渋い鉢が似合います。

X Graptoveria 'Topsy-Debbi' グラプトベリア・トップシーデビー

トップシーデビーはなんといってもこの質感。たまらぬ。

X Graptoveria 'Topsy-Debbi' グラプトベリア・トップシーデビー

でかく育った株より、小学生くらいのほうが粉粉マッスル感あっていいですよね。

X Graptoveria 'Topsy-Debbi' グラプトベリア・トップシーデビー

もう、「え? いたの?」ってくらいにしてあげるといかつくシヤワセになります。

※高解像度の写真はFlickrにアップしています。どうぞよしなに。