クルリンパする多肉、エケベリア・トップシータービー

デビー出したんだからタービー、お前も一度くらい出演しとくかい? めちゃめちゃ普通だけど…というモチベーションなので、素敵なビフォーアフターはありません。

Echeveria runyonii ‘Topsy Turvy’
エケベリア・ルンヨニー ‘トップシータービー’

最近は多肉業者さんから卸している品揃えのいいホームセンター・園芸屋さんも多いし、ネット通販でもお手頃な価格で手に入るであろう、いわゆる普及種ってやつ。

前回書いたとおり ‘Topsy Turvy’ の部分は英語なので、読みを日本語カタカナ表記にするなら「トプシィ・タービィ」がかろうじて近いと思いますが、といってタービーやタビーは間違いなのかとか、中黒がないといけないのかとか、そういうことではありません。ハオルチアもハオルシアもハワーシアもハウオルチアも、正解であって正解でない。ラテン語や英語に対するカナ表記なんて飾りです、好きに読んだらよろしい。

なおトップスプレンダーは同じもので、商品名とのこと。

デビーが曇天下のスモーキーな写真だったので、タービーは日照下で遮光シマシマなやつにしますね。

Echeveria runyonii ‘Topsy Turvy’ エケベリア・ルンヨニー 'トップシータービー'
遮光と近いからくっきりしまじろう…

葉っぱも、先っちょもクルリンパしている植物。

画像検索をすると、真上から見た様子がハートの形になっているものもあり女子人気沸騰も夢じゃない植物ですが、うちのは実に中途半端。

Echeveria runyonii ‘Topsy Turvy’ エケベリア・ルンヨニー 'トップシータービー'

そもそも葉がまだ全然展開してないですね。今後に期待。

クルリンパレベルは日照とかいじめ度合いによると思うのですが、私はこれ一度結構伸ばしちゃって樹形が崩れまして。

愛情を持って放置した結果、やっと最近普通のタービーっぽくなってきたかなというところなのです。もう、普通が一番。普通って素晴らしい。

という普通のエントリになったので、参考リンク貼って濁しておきます。さらばだ。

カクタス長田ブログ: クルクルエケベリア

※高解像度の写真はFlickrにアップしています。どうぞよしなに。