半透明プラ鉢でおひとり様温室 ep1「根がなくなったら根を出せばいいじゃない」

ヒトデ型, Haworthia

気に入った株を入手したり、集めていくのが楽しい人。園芸作業そのものが楽しい人、交配実生や増殖活動が楽しい人。

楽しみ方はそれぞれだと思いますが、私はへちゃむくれた株をもとに仕立てるのが好きです。そもそもへちゃむくれさせないように育てろよというご意見は正しい。その通り。帰れ。(嘘ですまだいて

目を配って育てていても、にんげんだもの、どうしても良くない状態にしてしまうときもあります。にんげんだもの…

10年ほど前になりますが、某ショップがニシさん株フィーバーだったときに出回っていたこちら。パープル・クィーン、バディア交配です。

H. パープルクイーン

ヒトデ型ってこのくらいが一番可愛いと思う。

ハオルチアは、特にヒトデ型のハオルチアは強い。水くれが少なかったりちょっといじめたくらいでは容易にいなくならないし、乾かしすぎたところでエアプランツなんじゃないか? くらいの粘りは見せる。

どうせ管理が悪いなら圧倒的に、水やらず日に当てたまんまのほうが戻しやすい。(これは蛇足)

だから

ハオルチア・パープルシャドウ

わあ、見事な…

カルス!

根なし…

でも私たちは知っています…
根は出るということを。(普通のこと言った)

ここで用意しますのが

そうだね、プラカップだね!
ブラジャーじゃないよプラスチックだよ!

かぶせます。

巷ではラップを用いたり、プリンカップを用いたりするようですが、ラップは脱がしたり着せたりが面倒くさく、プリンは食いません。従いまして緑屋、金で解決いたしました。

先ほどの根無し草をいつもどおりの土にのせ、本体とカップ内部に霧吹きしてかぶせておきます。こんだけ。いわゆるお一人様温室。(蛇足ですが某師匠はビールカップを使用されるとのこと)

あ、季節はちょうどこの時分、5月でした。
根出しには絶好の季節ですね。温度が保たれていて株が動いていれば、5月でなくても大丈夫だと思いますが。

半透明プラカップは大中小揃えていて、根出し・へちゃむくれ株のみならず厳冬期に寒そうな顔をしているやつにお一人様温室としてもよく使いました。

こんな感じで。(イメージ)

変なぼかしは気にしないで

閑話休題。

さて、パープルなんとかの二ヶ月後が、こちらでございます。

ワレワレハー
カセイジンダー

綺麗なまっちろな根がでましたね。うひひひひ

シモが健康なら上も健康。
顔色も戻ってきて、めでたしめでたし。

ヒトデ型, Haworthiaツレヅレ

Posted by 緑屋