シャコバサボテン・ゴールドチャーム購入

昨日、川口樹里安でひと鉢だけ残っていたので持ってきたシャコバさん。いや買ったんですよ、黙って持ってきたわけでは。

もう一つ植物買ってるんですが、1000円でお釣りが来てしまった。(1000円で一回できるガラポンができなかったからな)

お店に出回っていてゲットできたらまあまあラッキーってなシロモノらしいのですが、私はそんなこととは知らずただ白花系かーと思って。(正しくは黄花系統)

調べると、寒さに当てると花が赤みを帯びてしまうとのこと。これのつぼみもけっこう赤みがかってますが、どうなることやらですね。もちろんそのまま室内に置きましたけれども。

うちの先住シャコバであるホワイトベルなんて、今日まで外に置いてましたからね。てきとー管理でも一応花芽は付いていて一センチくらいか。剪定もろくにしませんでしたし、なんというか、ワイルドな御姿です…(写真が無いというところで推し量っていただきたい)

参考URL

なんとなくネットしていたら、プロトリーフさんの短い動画がYouTubeにありましたのでご紹介。白花が次の年にピンクになるのは先祖返りではありませんよ、という内容。

シャコバサボテン(デンマーク カクタス) 白花がピンクになる理由